法人融資・資金調達・助成金の情報なら
日本資金調達センターがサポートします!

日本資金調達センター

緊急時や土日も対応!

緊急時や土日も対応!

緊急時や土日も対応
緊急時や土日も対応
緊急時や土日も対応

経営者にとって資金繰りや融資は、平日の仕事をしている時にはとかく二の次になります。
その一方で、資金繰りは経営者にとって悩ましい最大の要因でもあります。そのため、相談するタイミングが早ければ早いほど、資金繰りの安定化、経営者にとっての悩みの解決に繋がり経営の正常化に繋がります。

日々の仕事をしている上で、「資金がパンクしそうだ・・・。」「金融機関からの借入をできるか心配だ・・・。」「月末の支払や人件費等の支払が出来るだろうか・・・」などの悩みがある中で、経営していくのはストレスを抱える原因にもなります。

そこで、日本資金調達センターでは、土日の相談も可能としております。また、ご来社頂けない場合でも、オンライン(Zoom)、お電話によるご相談も受け付けております。

無料相談の具体的な内容
1:守秘義務を守ります。 当サイトへのお問合せはもちろんのこと、当サイトを通じて、来談された方のプライバシーについて外部には漏らさず、守秘義務を守ります。ご本人さまの了解を得ないで、面談で話された内容、個人情報に関わらず全ての情報ついてご家族やご紹介いただいた方、会社関係者からの問い合わせがあった場合にもお答えすることはありません。
2:ご相談内容のヒアリング 新型コロナウイルス感染症の影響による経営環境の激変による経営悪化、業績不振による返済計画の滞り等さまざまな悩みや課題を抱える中、今後の事業展開を見据えできるだけ早い段階で対策を講じることが大切です。
そこで、当サイトでは専門家により、経営改善・事業再生に向け悩み、努力されている企業経営者の方とともに課題解決に取り組んでまいります。
資金調達や条件変更、助成金や補助金の活用など金融面を通じたコンサルティングにとどまらず事業そのものの再生に向けた取り組みをお手伝いします。
そのため、ご相談については、現状における悩みや、資金繰り状況、金融機関との取引状況等、経営上悩んでいること、資金繰りや資金調達で悩んでいる事などをヒアリングさせて頂きます。
もちろん、言いづらいこともあると思いますが、後で聞いていなかったことにより後手にまわる場合もありますのでこのヒアリングは非常に重要なポイントとなります。
なお、このヒアリング時に、現状分析、具体的な改善策までお話しさせて頂く場合もあります。
3:現状分析 ご相談内容を十分にヒアリングさせていただいたうえ現状分析を行い、本当に融資が必要なのか、コストがかからずに融資以外での資金調達の方法がないかなど、現状の問題点・課題を洗い出し効果のあるコンサルティングを行います。
また、現状分析には、決算書や試算表などの資料の他、現地訪問、金融機関との取引状況など様々な角度から分析を行います。
  • STEP.01現状分析
    • 1.資金繰り状況把握
    • 2.会社計数分析
    • 3.現状のまま推移した場合の予測
  • STEP.02コスト分析
    • 1.粗利益率に関する課題抽出と原因分析
    • 2.販管費に関する課題抽出と原因分析
    • 3.人件費分析
    • 4.固定費(家賃等)分析
    • 5.経費分析
    • 6.原価(仕入れ)コスト分析
    • 7.物流合理化分析
    • 8.取扱い商品分析
  • STEP.03売上分析
    • 1.売上に関する課題抽出と原因分析
    • 2.既存顧客層の掘り起こし
    • 3.新規顧客開拓
    • 4.HP・チラシ等営業ツールの見直し
    ※営業データ、市場動向、取引先の状況、商品価値などを可能な限り数値的に分析
  • STEP.04経営改善計画書の作成
    • 1.計画書の概要
    • 2.ビジネスモデル俯瞰図
    • 3.グループ相関図
    • 4.収益計画
    • 5.売上計画
    • 6.売上原価計画
    • 7.経費削減策
    • 8.経営改善計画に関する具体的施策
    • 9.経営改善計画に関する実施時間
    • 10.キャッシュフロー計画書
    • 11.モニタリング計画(原則3年程度)
    • 12.実施計画(アクションプラン)
    • 13.借入金返済計画書
    • 14.借入金明細表
    • 15.納税計画
    • 16.資金繰実績表
    順序については、必要重要度による。
  • STEP.05アクションプラン策定
    • 1.PDCAサイクルの策定
    • 2.優先順位に基づく、改善計画策定
    • 3.経営者との認識共有
    ※計画に基づいて全社一丸となって活動し、随時、達成状況をチェックして、必要であれば修正を加える。
  • STEP.06モニタリング実行支援
    • 1.経営改善進捗状況の確認及び助言
    • 2.改善事項の進捗状況の確認及び助言
    • 3.月次・年次の資金操り状況の確認及び助言
    • 4.金融機関等への報告支援
    • 5.経営改善へのモチベーション維持支援
4:事業再生までの具体的な改善策の提示 分析結果を元に、事業再生計画や事業計画を策定していきます。
特に、資金繰り対策を中心に取引金融機関に提出する事業計画などを作成します。
なお、取引金融機関には
①融資(資金調達)用の事業計画
②既存融資の条件変更(リスケジュール)用の事業再生計画
で、計画でもさまざまなケースがありますので現状分析にそくした事業計画の策定を致します。