法人融資・資金調達の情報なら
日本資金調達センターがサポートします!

日本資金調達センター

お知らせ一覧

「新規開業資金」の制度内容が拡充されました!(日本政策金融公庫)

日本政策金融公庫は創業・スタートアップ向け融資「新規開業資金」の制度内容を拡充しました。特に、無担保・無保証人の 融資限度額を7,200万円(うち運転

中小企業が経営者保証を提供しないことを選べる保証制度が始まります【東京都中小企業制度融資】(令和6年3月15日開始)

国は、信用保証料の上乗せにより経営者保証の非提供を事業者が選択できる信用保証制度の創設と、制度の活用促進のための3年間の時限的な利用促進策の実施を公表

【お知らせ】年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り心より御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、年末年始の休業期間を下記の通りとさせていただきます。 ご利用の皆様にはご不便をお

東京都中小企業制度融資「クイックつなぎ(小口)」の融資限度額が引き上げられます。

東京都では、中小企業の年末から年度末にかけての資金需要に対応するため、東京都中小企業制度融資のメニューである「クイックつなぎ(小口)」の融資限度額を3

新型コロナ融資決定期限が令和6年3月末まで延長されました。(日本政策金融)

新型コロナウイルス感染症特別貸付(※)、生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付(※)、新型コロナ対策資本性劣後ローン、生活衛生新型コロナ対策資本性劣

融資後3年目までの金利引下げ幅が縮小(基準利率-0.9%→基準利率-0.5%)されました。(日本政策金融公庫)

新型コロナウイルス感染症特別貸付(※)、生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付(※)、新型コロナ対策資本性劣後ローン、生活衛生新型コロナ対策資本性劣

GW(ゴールデンウィーク)休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。 GW(ゴールデンウィーク)につきましては、まことに勝手ではございますが以下の通り休業させてい

東京商工リサーチの記事から

東京商工リサーチのデータを読むから 「倒産企業は約7割が債務超過 人件費の負担が重く圧し掛かる」(公開日付:2023.04.12) と非常に企業経営が

融資目標額2兆円 (令和5年度東京都中小企業制度融資)

東京都では、中小企業の円滑な資金調達を支援するため東京都中小企業制度融資が実施されています。(令和5年度は融資目標額を2兆円に設定され、融資メニューの

年度末における事業者に対する金融の円滑化等について要請されています(経済産業省)

経済産業省から、新型コロナウイルス感染症及び昨今の物価高騰等の影響を受けた事業者の支援徹底等の観点から、関係機関に対して、年度末における金融の円滑化等

創業時の経営者保証を不要とする融資制度が始まります!

国は、スタートアップ等の創業を促進するため、創業時の資金借入時の個人保証を不要とする保証制度の創設を発表しました。 これを受け、東京都においても、創業

更新版:新型コロナウイルス感染症関連【経済産業省の支援策(2023年2月1日時点)】

経済産業省の「新型コロナウイルス感染症関連」が更新されています。 更新版では以下のページが更新されています。 第2章 資金繰り支援 ◆ 資金繰り 支援

「今後の中小企業の資金繰り支援策について(中小企業庁)」リリースされています。

平成23年1月28日「今後の中小企業の資金繰り支援策について(中小企業庁)」リリースされています。 具体的には中小企業庁は、中小企業の資金繰りに支障が

ゼロゼロ融資の借り換え保証制度がはじまりました!

新型コロナウイルス対策として実施された実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の返済負担を軽減するための借り換え保証制度がはじまり「令和4年度東京都中小

資金繰りにお悩みの皆様へ – 中小企業庁

経済産業省より令和4年12月版「資金繰りにお悩みの皆様へ」がリリースされています。 主な資金繰り支援の内容は ✓ 低利・無担保融資を令和5年3月末まで

【お知らせ】年末年始休業のお知らせ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら下記の期間は年末年始休業とさせていただきます。 ■年末年始休業期間 2022年12月

中小企業制度融資(つなぎ融資メニュー)融資限度額のお知らせ(東京都制度融資)

東京都では中小企業の年末から年度末にかけての資金需要に対応するため、東京都中小企業制度融資のメニューである 「クイックつなぎ(小口)」の融資限度額が3

「ゼロゼロ融資」の借り換え保証限度額1億円に!(新たな借換保証制度のイメージがでました)

中小企業向けに新型コロナウイルス感染症の資金繰り対策として実施した実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の返済負担の軽減を目的とする政府から新たな借換

ページトップへ