法人融資・資金調達・助成金の情報なら
日本資金調達センターがサポートします!

日本資金調達センター

融資情報

OLTAクラウドファクタリング(OLTA株式会社)を考えてみる!

通常、ファクタリングとは、「入金待ちの請求書」(売掛金)を売却して、早期に運転資金を調達する「借りない資金調達」です。
借入ではないため、審査に信用情報は参照せず、信用情報への記録もなし。担保や保証人を必要としません。

OLTAのクラウドファクタリング とは、「最短即日で資金調達できるオンライン完結のファクタリングサービス」になります。

OLTAのクラウドファクタリングなら法人・個人事業主いずれも利用可能で、買取金額に上限も下限も設定していません。
さらに、取引先に知られることなくすべての手続きが完了する2者間ファクタリングです。
通常のファクタリングとは異なり、資金調達の新しい選択肢、OLTAクラウドファクタリングなのかもしれません。

 

1、ポイント

(1) 【POINT1】リーズナブル

費用は手数料2〜9%だけ

  • 手数料は諸経費などすべて込み
  • AI審査やオンライン完結で、圧倒的に安い手数料を実現
(2)【POINT2】早い

最短即日振込

  • 必要書類が揃ってから24時間(1営業日)以内にお見積り結果をご回答
  • ご契約後、即日ないし翌営業日に買取金額をお振込
(3) 【POINT3】簡単

オンライン完結で面談不要

  • 書類の提出もオンラインでアップロード
  • 対面による審査がないので、全国どこからでも申込可能

2、OLTAクラウドファクタリング

(1)手数料

売却する請求書に対して買取手数料2~9%のみ

(2) 面談

不要
webで書類提出

(3) 審査

審査あり

(4) 最短振込期日

即日振込

(5)担保・保証人

不要

(6) その他

信用情報への記録残らない

3、申込

(1)登録
・簡単な事前審査後、アカウント登録時に代表者様を確認できる本人確認書類をご提出いただきます。
・運転免許証やパスポートなどをご準備ください。
・無料でご登録可能で、月額利用料も発生しません。
(2)申込み
必要な書類をオンラインでアップロードして申込みが完了します。書類を事前にご準備いただくと申込みがスムーズです。
対応可能形式:PDF/Excel/PNG/JPEG など
①昨年度の決算書一式

貸借対照表 / 損益計算書 / 勘定科目明細※個人事業主の方は、確定申告書B 第一表 をご提出ください。
②入出金明細

保有する全銀行口座の入出金明細直近4カ月分
③売却予定の請求書

請求金額・入金日が確定しているものに限ります。既に入金日が過ぎているものは申込できません。
※必要な分だけ売却が可能です。

OLTAでは請求書の全額または一部の買取が可能です。請求書の金額範囲であれば自由に設定いただけます。
(3)見積り/振込
ご提出をいただいた情報に基づいて、 OLTA独自のAI審査で買取可否を審査します。お見積り結果は24時間以内(1営業日)にメールにてお答えします。

お見積り後、キャンセル可能です。お気軽にお申込みください。

買取金額につきましては、ご契約手続き完了後、ご指定の銀行口座に即日お振込します。

※時間帯によっては翌営業日になる場合がございます。

4、よくある質問

(1)ファクタリングは借入れとの違い?
借入れは負債ですが、ファクタリングは負債になりません。売掛債権という請求できる権利を現金化する手法のため、決算書に負債が計上されず収益性が向上します。
(2)売掛先が倒産した場合は?
売掛先の倒産リスクも含めて債権の現金化をしております。ファクタリングは、償還請求権のない(ノンリコース)契約としてお客様に補償を求めることはございません。安心してご利用ください。
(3)どのような売掛債権が買取対象になるのか?
法人または官公庁向けの売掛債権かつ入金日と金額が決まっている「確定債権」となります。個人事業主や個人向けの債権は対象外です。また「確定債権」であっても、入金日が過去の物は対象外となっておりますのでご留意ください。
(4)請求先(売掛先)から入金がない/支払いが遅れることが分かった場合?
請求先(売掛先)からのご入金がない場合は、弊社カスタマーサポート窓口までご連絡ください。状況をご連絡のうえ、入金予定日の翌日に通帳明細のコピーをご提出ください。
(5)代表者個人の連帯保証や保証人は必要か?
必要ありません。
(6)売掛先(取引先)にファクタリングの利用を知られる心配はあるか?
債権譲渡登記も売掛先(取引先)への連絡も致しません。電話ヒアリングも申込みされた代表者様に行いますので、どなたにもご利用を知られることはございません。