法人融資・資金調達の情報なら
日本資金調達センターがサポートします!

日本資金調達センター

融資情報

経営者保証を不要、保証料補助(2/3)が受けられる東京都創業融資「創業経営者保証不要型(略称:創業経保)」を考えてみる


令和5年3月15日(水曜)に、「スタートアップ創出促進保証制度」に準拠した 経営者保証を不要とする東京都制度融資 「創業経営者保証不要型(略称:創業経保)」が創設されました。東京都からの保証料補助(2/3)が受けられる等のメリットがありますので創業される方は是非検討して頂きたい制度になります。

1.制度概要

(1)融資対象

国の「スタートアップ創出促進保証制度要綱」の要件に該当するもの

(2)資金使途

運転資金・設備資金

(3)融資限度額

3,500万円

(4)融資期間

10年以内(据置期間 1年以内又は3年以内を含む)

(5)融資利率
①固定金利

融資期間
3年以内‥‥‥‥‥‥1.5%以内
3年超 5年以内‥‥‥1.6%以内
5年超 7年以内‥‥‥1.8%以内
7年超‥‥‥‥‥‥‥2.0%以内

②変動金利

「短プラ+0.2%」以内
※責任共有制度対象外のみ

(6)返済方法

分割返済(元金据置期間は1年以内)

ただし、申込金融機関において本保証付融資と原則同時にプロパー融資を実行する、又は保証申込時においてプロパー融資の残高がある場合は据置期間を3年以内とする。

(7)融資形式

証書貸付

(8)信用保証料

創業関連保証の信用保証料率(0.35~0.60%)に0.2%を上乗せした信用保証料から、東京都が3分の2を補助する。

(9)保証人

不要

(10)物的担保

不要

(11)その他

金融機関及び融資対象者の責務及び報告などその他の条件については、国の「スタートアップ創出促進保証制度要綱」の定めるとおりです

2.必要書類

通常の申込関係書類の他、本制度所定の創業計画書の添付が必要です。
創業計画書(スタートアップ創出促進保証制度用)

3.ガバナンス体制の確認

本保証制度を利用した方は、原則として法人設立から3年目と5年目に、 ガバナンス体制の整備に関するチェック(※)を受け、「ガバナンス体制の整備に関するチェックシート」(写)を金融機関に提出する必要があります。
※持続的な成長と中長期的な企業価値向上を実現させるためにはガバナンス体制の整備・強化が必要であり、中小企業活性化協議会が「経営の透明性」「法人個人の分離」「財務基盤の強化」等についてチェックが行われます。
ガバナンス体制の整備に関するチェックシート

融資のプロ!元銀行員が融資獲得までサポートします!

資金繰りが厳しく、資金調達の準備が必要、自社に合った融資制度を知りたい、
手続きが難しそうで進める自信がないなど

今獲得できる融資額が知りたい
資金調達診断フォーム
今すぐ専門家へ相談したい
無料相談フォーム
融資のプロ!
元銀行員が融資獲得まで
サポートします!
  • 資金繰りが厳しく、資金調達の準備をしなければ心配。
  • 自分に合った融資制度を知りたい。
  • 手続きはが難しそうで、自分ではなかなか進められない。
今獲得できる融資額が知りたい
資金調達診断フォーム
今すぐ専門家へ相談したい
無料相談フォーム
融資のプロ!
元銀行員が融資獲得まで
サポートします!
  • 資金繰りが厳しく、資金調達の準備をしなければ心配。
  • 自分に合った融資制度を知りたい。
  • 手続きはが難しそうで、自分ではなかなか進められない。
今獲得できる融資額が知りたい
資金調達診断フォーム
今すぐ専門家へ相談したい
無料相談フォーム
元銀行員が融資獲得までサポートします!
今獲得できる融資額が知りたい
資金調達診断フォーム
今すぐ専門家へ相談したい
無料相談フォーム
ページトップへ