法人融資・資金調達・助成金の情報なら
日本資金調達センターがサポートします!

日本資金調達センター

融資情報

公的補助金つなぎ融資(多摩信用金庫)を考えてみる!


助成金や補助金は原則後払いです。
特に、事業再構築補助金やものづくり補助金などは採択された場合には、補助事業を進捗させるため先行して資金がでていくことになります。
具体的には、採択された計画が3,000万円で補助率が2/3の場合、先に3,000万円を支払った後、補助率の2/3の2,000万円が補助されるということになります。
採択されて喜んでいたのもつかの間、運転資金の調達だけで大変だという企業には補助事業を行うために更に資金繰りが厳しくなることが予想されます。
そこで、ここでは、助成金や補助金が採択された場合の多摩信用金庫の「公的補助金つなぎ融資」をご紹介致しますが、東京都中小企業制度融資の一覧のリーフレット抜粋のなかに保証協会を活用した制度があることからも、採択後のつなぎ融資の活用は積極的に検討してみましょう。
ちなみに、助成金や補助金に対するつなぎ融資は一般的に資金計画として予め記載事項になっていますので、事前に取引先金融機関とはその旨交渉しておくことをお勧めします。

1.お申込みいただける方

以下の条件をすべて満たす方
当金庫営業地区内(多摩地域およびその周辺)にて事業を営む法人または個人の方、および事業管理機関に指定された法人または各種団体(TLO等)
当金庫の定める補助金等※を利用する方
補助金等交付団体から直接補助金等を受領する方
※経済産業省、国土交通省、環境省、東京都、市区町村、(独)中小企業基盤整備機構、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(公財)東京都中小企業振興公社等が交付元の補助金(詳しくはお問い合わせください)
※審査の結果により、ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

2.取引時確認について

「犯罪収益移転防止法」の改正に伴う取引時確認について

3.商品概要

1.資金使途

補助金等を受ける事業に要する運転資金、設備資金

2.融資金額

採択を受けた補助金等交付決定金額、または委託を受けた委託費決定金額以内

3.融資期間

補助金等交付決定通知より補助金等を受領するまでの期間(ただし、2年を限度とする)

4.融資利率

多摩信用金庫所定の金利(固定金利)

5.返済方法

期日一括返済

6.保証人

「経営者保証に関するガイドライン」に基づいた対応

7.担保

原則として不要

4.商品概要説明書

商品概要説明書

多摩信用金庫ホームページより抜粋