法人融資・資金調達・助成金の情報なら
日本資金調達センターがサポートします!

日本資金調達センター

融資情報

借入手続きの流れ(第4段階:結果通知~第5段階:融資実行)

借入手続きの流れ(第4段階:結果通知~第5段階:融資実行)

1、借入手続きの流れ(第4段階:結果通知)

面談終了後、5営業日~7営業日程度で会社(代表者宛て)に融資可否の結果が通知されます。

日本政策金融公庫の場合、通常、担当者から代表者宛て電話で融資可否の連絡があります。
また、融資が可の場合は手続きの書類が郵送で届きます。

手続き処理ですが、日本政策金融公庫の契約窓口での処理手続きや郵送での処理手続きになります。

信用保証協会の融資可否判断の返答は金融機関経由になります。

保証が可であれば、金融機関が信用保証協会に保証承諾書を取りに行き、通常は、更に申込金融機関で形式的な社内稟議を行った後融資の手続きが行われ着金となります。

2、借入手続きの流れ(第5段階:融資実行)

融資手続きが完了後、1日~3営業日程度で入金がされます。
※金融機関の場合、形式的な保証承諾書徴求、金融期間内での形式的な社内稟議まで完了している場合には、当日処理(金銭消費貸借契約書等の締結)の当日着金という処理も可能です。
なお、制度融資の場合は自治体(市区町村)からあっせん書類を貰い金融機関に融資の申し込をおこなうため、融資の申し込みまでに時間を要しますが、信用保証協会の保証の可否判断以降に再度自治体(市区町村)に行くことは無いので安心して下さい。

日本資金調達センターでは、無料相談フォームから各種問い合わせを承っております。

お気軽にご相談ください。