法人融資・資金調達の情報なら
日本資金調達センターがサポートします!

日本資金調達センター

融資情報

ファクタリングによる資金調達方法を考えてみる!

資金調達と聞くと、多くの方は銀行融資やカードローンを思い浮かべるかもしれません。
しかし、銀行融資やカードローンの場合、借り手の経営状況が悪いと利用できない可能性が高いです。
また、即日資金調達をしたい場合、なかなか難しいケースもあるでしょう。
そこで、注目されているのがファクタリングです。
ファクタリングは、借り手の経営状況が悪くても利用できる可能性が高いですし、即日資金調達できる可能性もあります。
そこで今回はファクタリングによる資金調達方法について説明をしますのでぜひ参考にしてください。

1.ファクタリングとは

ファクタリングとは、取引先の売掛金などの売掛債権を使った資金調達方法です。
売掛金をファクタリング業者に譲渡することによって、売掛金の満期前に資金調達ができます。
銀行融資やカードローンなどの場合、自社の経営状況が重要ですが、ファクタリングの場合は売掛金を発行している取引先の信用力が重要です。
つまり、自社の経営状況が悪くても取引先の信用力さえよければ資金調達できる可能性が高い資金調達方法になります。

2.ファクタリングのメリット

ファクタリングの主なメリットは2つです。

  • 自社の経営状態が悪くても利用できる
  • 最短即日資金調達ができる

それぞれのメリットについて説明をします。

(1)自社の経営状態が悪くても利用できる

ファクタリングは、売掛金を発行した企業の信用状況が重要なため、自社の経営状態が悪くても資金調達が可能です。

ただし、税金や社会保険料を滞納している場合は利用できない可能性が高いので注意してください。なぜなら、国からの差し押さえに遭ってしまい、ファクタリング業者は資金の回収をできない可能性があるからです。

いずれにしても、借り手の信用力が悪くて利用できる資金調達方法はファクタリング以外ほとんどないはずです。

自社の経営状態が悪くても利用できるのはファクタリングの最大のメリットといえるでしょう。

(2)最短即日資金調達ができる

ファクタリングは、利用するファクタリング業者によっては最短即日資金調達が可能です。

銀行融資の場合、よほど信頼関係がある銀行でないと即日の資金調達は難しいはずですし、カードローンの場合も、現在は銀行カードローンの場合即日の資金調達はできません。

最短即日資金調達できるのもファクタリングの大きなメリットになるでしょう。

3.ファクタリングのデメリット

ファクタリングには様々なメリットがありますがデメリットもあります。ファクタリングの主なデメリットは2つです。

  • 手数料が一般的に高い
  • 中には怪しい業者もある

ファクタリングの主なデメリットについて説明をします。

(1)手数料が一般的に高い

ファクタリングは、銀行融資やカードローンなどに比べると手数料が一般的に高いです。

売掛先の信用力によりますが、特に銀行融資に比べるとかなり高い印象があるでしょう。

手数料が高いのはファクタリングの最大のデメリットといえるかもしれません。

(2)中には怪しい業者もある

ファクタリング業者のほとんどは、誠実に営業している業者ですが、中には残念ながら、怪しい業者もあります。

ヤミ金まがいの違法な営業を行っている業者も残念ながらありますので、ファクタリング業者を選ぶ際は注意しましょう。

4.法人のファクタリング

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つのファクタリングがあります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについて説明をします。

(1)2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、ファクタリングを利用する会社とファクタリング業者の間で行われるファクタリングです。

まず、ファクタリングを利用する会社は、取引先の売掛金をファクタリング業者に譲渡します。

次に、ファクタリング業者はファクタリングを利用する会社に売掛金の満期前に資金を渡します。

そして、売掛金の満期が来ると、ファクタリングを利用している会社に満期資金の入金がありますのでファクタリング業者は資金の回収を行うという流れです。

2社間ファクタリングのメリットは、ファクタリングの利用を取引先に知られないことです。

ファクタリングの利用を知られないのは大きなメリットで、なぜなら多くの会社は自分の会社の売掛金ファクタリングに利用されるのを嫌がるからです。

また、ファクタリングを利用しなければならないほど経営が行き詰まっていると判断され、取引の縮小などをされてしまうリスクもあります。

よって、ファクタリングの利用を取引先に知られないのは大きなメリットになりますが、通常手数料が10%~30%と高額になることがあります。

(2)3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、ファクタリングを利用する会社とファクタリング業者、売掛先の3社間で行われるファクタリングになります。

まず、ファクタリングを利用する会社はファクタリング業者に売掛金を譲渡します。

そして、ファクタリング業者は満期前にファクタリングを利用する会社に資金を渡します。

ここまでの流れは、2社間ファクタリングと同じですが、ファクタリング業者は資金の回収を直接売掛先からおこないます。

資金の回収を直接、売掛先から行うのでファクタリング業者は資金回収できないリスクが少なくなります。

なぜなら、ファクタリングを利用した会社に1度入金になる2社間ファクタリングの場合、その資金をファクタリングを利用した会社が持ち逃げする可能性があるからです。

一方の3社間ファクタリングではそのようなリスクはありません。

よって手数料が2社間ファクタリングよりも安いのが一般的です。(3社間ファクタリングの手数料は1%~10%と2社間ファクタリングよりも安いです。)

ただし、取引先にファクタリングの利用がばれてしまうのは大きなデメリットといえるでしょう。

参考:「資金繰りの改善や黒字倒産を回避するためファクタリングの活用を検討してみる!」(ファクタリング)

5.個人事業主のファクタリング

最近は、法人だけではなくフリーランスなどの個人事業主もファクタリングの利用ができるようになっています。


個人事業主のファクタリングは、請求書を使ったファクタリングが一般的です。

請求書の支払い期限前に資金調達ができますので、資金繰りに困っている個人事業主にとっては非常にありがたいはずです。

最近は見積書や発注書を使った個人事業主用のファクタリングも出ていますので、そのようなファクタリングを利用すれば、さらに資金サイクルを改善することができるでしょう。


6.ファクタリングと融資との違い

ファクタリングは、売掛金を使った資金調達方法です。一方、銀行融資の場合は、自社の信用力が重視される資金調達方法になります。

また、銀行融資の場合は、銀行融資を行った事実を決算書に載せなければなりません。

一方、ファクタリングはファクタリングの利用事実を決算書に載せる必要はありません。

※但し、ファクタリングの契約と同時に売掛金の譲渡代金が入金になる場合

つまり、決算書を汚すことなく利用できるのですが、手数料が高額になると銀行から「決算書や試算表に計上されている手数料の内訳を教えて欲しい」という事がおこるかもしれません。

※仕訳例(手数料が10%の場合)

借方(現金預金)90万円     貸方(売掛金)100万円

(支払手数料)10万円

決算書をきれいなまま利用できるのですが、この点には十分注意をして欲しいと思います。

参考:「マネーフォワード アーリーペイメント」の活用を検討してみた!

7.ファクタリングの審査基準

ファクタリング会社が審査するうえで最も重要視しているのは売掛金の信用力になります。

これは、ファクタリング会社にとれば売掛先の信用力が高ければ売掛金の決済日に資金回収することができ、一方で売掛金の信用力が低ければ売掛金の決済日に資金回収することができない可能性があり、そのためファクタリングはあくまで売掛先の信用力に依存されると考えておくことが良いでしょう。

8.まとめ

今回は、ファクタリングを使った資金調達方法について説明をしました。

ファクタリングは、銀行融資やカードローンとは違い、売掛先の信用力が重視される資金調達方法になります。

自社の経営状況が悪くても利用できる可能性があり、かつ即日資金調達できる可能性もある資金調達方法です。

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、新たな資金調達方法としてファクタリングの理解を深めていただければ幸いです。



融資のプロ!元銀行員が融資獲得までサポートします!

資金繰りが厳しく、資金調達の準備が必要、自社に合った融資制度を知りたい、
手続きが難しそうで進める自信がないなど

今獲得できる融資額が知りたい
資金調達診断フォーム
今すぐ専門家へ相談したい
無料相談フォーム
融資のプロ!
元銀行員が融資獲得まで
サポートします!
  • 資金繰りが厳しく、資金調達の準備をしなければ心配。
  • 自分に合った融資制度を知りたい。
  • 手続きはが難しそうで、自分ではなかなか進められない。
今獲得できる融資額が知りたい
資金調達診断フォーム
今すぐ専門家へ相談したい
無料相談フォーム
融資のプロ!
元銀行員が融資獲得まで
サポートします!
  • 資金繰りが厳しく、資金調達の準備をしなければ心配。
  • 自分に合った融資制度を知りたい。
  • 手続きはが難しそうで、自分ではなかなか進められない。
今獲得できる融資額が知りたい
資金調達診断フォーム
今すぐ専門家へ相談したい
無料相談フォーム
元銀行員が融資獲得までサポートします!
今獲得できる融資額が知りたい
資金調達診断フォーム
今すぐ専門家へ相談したい
無料相談フォーム
ページトップへ