法人融資・資金調達・助成金の情報なら
日本資金調達センターがサポートします!

日本資金調達センター

元銀行員を中心とした専門家集団が対応!

元銀行員を中心とした専門家集団が対応!

弊社は、短期間で、効果を最大に発揮できる対策を行うことを心がけ成果を残しております。 公庫および保証協会の融資や資金繰り対策の一番のポイントは何でしょうか?
実は、銀行の仕組みや組織を熟知している人間が経営者の近くにいることなのです。
資金繰り表の作成、試算表や財務諸表の分析は経理担当者で間に合うと思います。しかし、現在の不況下では中小企業の経営者にとって、資金調達や資金繰り対策が最も必要なことだと思います。
一般に、経理担当者が銀行交渉や適正な融資書類を書けるかといえば非常に疑問が残ります。なぜなら、経理担当者は通常、銀行で勤務されたことがないため、金融機関の仕組みが細部まで理解できないからです。

どのように自社が評価され、融資が申請されるのかのフローを理解されておられますか? 融資が承認される最低限のポイントをご存知でしょうか?
銀行の担当者から、融資に関する質問があった際に質問の意図が完全に理解でき、対応可能ですか?
質問の回答や、追加の資料の作成に手間取り、必要な資金調達時期に遅れを生じる可能性がありませんか?
資金繰りを改善するには、経営者の自己判断や経理担当者に任せきるだけでは非常に難しいと思います。

企業運営に戦略や戦術があるように、法人融資などの借入対策にも戦略や戦術があります。 元銀行員が中心の弊社だからこそ、あらゆる角度から対策が可能なのです。
そのため、銀行側の意図することや、判断基準もはっきりと分かってしまうため時には経営者にも厳しいことをお伝えしてしまうことも多々あります。
しかし、我々は経営者と一緒に汗をかくことを標榜しており、どのような困難な局面でも一緒に立ち向かい企業を永続させるために様々な手法を使いコンサルティングを行っています。また、弊社には弁護士や税理士などの専門スタッフとのネットワークがありますので、ワンストップで様々なご相談にも対応可能です。