借入謝絶
公開日:2020/02/03

(第2回/4回)中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?

(第2回/4回)中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?

中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?
借入の謝絶理由を考えてみる!(第2回/4回)

「既に取引のある銀行に融資を申し込んだが、融資を断られてしまった」

「金融機関の担当者からは、融資は大丈夫だと言っていたのに・・・」
という事があると思います。

また、融資の謝絶理由が、
「支店は大丈夫との判断でしたが、審査部の方で難しいとの判断が出てしまった・・・」
「保証協会から、今回は見合わせたいとの判断が出てしまった・・・」
「 本部に掛け合ったのですが・・・ 」
「しばらくしたら再度融資の申し込みをしましょう・・・」
といった返答で、あてにしていた融資が謝絶されてしまい途方にくれてしまうことはないでしょうか?

ここでは、借入の謝絶理由を4回(第2回)に分けて考えてみます。

【借入の謝絶が考えられる理由】
1、赤字決算で返済原資がなく、これ以上の貸付が難しいことによる謝絶
2、返済の遅延がおこったことによる謝絶
3、会社の売上高が減少していることによる謝絶
4、金融機関担当者の融資経験が浅く、審査部への稟議が上手く書けていないことによる謝絶
5、融資を受けて、まだ6ヶ月程度なので、金融機関や信用保証協会等より、しばらく様子を見せて欲しいと言われしまった謝絶
6、債務残高が多くなり過ぎたので、財務上のバランスを取るためといった謝絶
7、貸付金や未収入金等、財務上(貸借対照表)の問題点による謝絶
8、売掛金が年商に対し大きい事等、 財務上(貸借対照表)の問題点による謝絶

3、会社の売上が減少していることによる謝絶

会社は基本的に成長していくことが前提になります。

では、会社の成長とは何でしょうか?

売上が伸びている
会員数が伸びている
受注が好調である
利益が伸びている

さまざまな理由があると思います。

しかしながら、通常は、売上が増加していることが前提になります。

金融機関の担当者が、決算書でまず確認するのは、売上と利益になりますが、
特に、売上が増加していれば
「お、この企業は成長しているな・・・!」
「成長する過程で、資金ニーズは高いな・・・!」
と考え融資見込先の1社として検討します。

では、融資見込先の対象として厳しくなるケースはどうでしょうか。

①売上の減少により、赤字
②売上の減少により、利益減少
③売上の減少により、利益増額

当たり前のことですが、
①は、✖
②は、🔺
③は、🔺~◯
になります。

通常は、売上が減少するケースでは、経費の削減や、利益構成を見直さない限り、通常は赤字か利益の減少になるはずです。

ちなみに、売上の減少要因は通常
①販売数量の減少
②販売単価の低下
となります。

一方、利益の減少要因は通常
①売上の減少
②費用の増加
③変動費率の上昇
となります。
※変動比率:変動費を売上高で割ったもの。
変動費:企業が事業活動をする上で、売上高に比例して増加している費用の割合。

売上が増加していれば、例え赤字でも、増加運転資金として短期での借入は可能の場合はあります。

しかしながら、長期運転資金の融資の場合は、返済原資が確保出来ているか否かが、一つの試金石になります。

その為、売上が減少し、赤字の場合は、融資謝絶が通常の金融機関の回答となります。

4、金融機関担当者の融資経験が浅く、審査部への稟議が上手く書けていない、伝えられていないことによる謝絶

このケースは最悪ですが、これも時々生じるケースです。

通常、金融機関の担当者は、自社の事を理解してくれているという前提で、経営者は話しています。

本当に、金融機関の担当者は自社の事を分かってくれているのでしょうか?

答えは、「No!」です。

自社の事を全て分かってくれている金融機関の担当者は少ないのが事実です。

では、なぜ、自社の事をそこまで理解できていないのでしょうか?

これは、金融機関の担当者が1人で対応する顧客数は200~300で、全てを理解する等不可能だからです。

特に、金融機関の担当者が、法人も個人も混在して担当している場合には、金融機関のさまざまな商品・サービスをセールスしなければなりません。

ちなみに、予め防御しておく方法があります。

いたって簡単ですが、金融機関の担当者と日頃からコミュニケーションを取ることで事足ります。

質問は匿名で大丈夫です!

https://saii.mq/room/diunf0ra23

法人融資119番では、無料相談フォームから各種問い合わせを承っております。

お気軽にご相談ください。

関連記事

詳細
(第4回/4回)中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?
2020/02/03
借入謝絶

(第4回/4回)中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?

詳細
(第1回/4回)中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?
2020/02/03
借入謝絶

(第1回/4回)中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?

詳細
(第3回/4回)中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?
2020/02/03
借入謝絶

(第3回/4回)中小企業が、金融機関に事業資金(長期運転資金)の借入を申し込んだが謝絶されてしまった・・・なぜ?