特集(新型コロナウイルス関連)

2020/03/12

「まとめ」新型コロナウイルス関連(資金繰り支援内容一覧)セーフティネット保証4号・5号について

「まとめ」新型コロナウイルス関連(資金繰り支援内容一覧)セーフティネット保証4号・5号について
 

 
3月10日に緊急対応策(第2弾)が公表され、資金繰り支援を中心に支援策が拡充されました。新規で追加された内容の内、新型コロナウイルス関連(資金繰り支援内容一覧)セーフティネット保証4号・5号について記載しておりますのでご確認ください。
 

1、セーフティネット保証4号・5号

(1)セーフティネット保証とは?

経営の安定に支障が生じている中小企業者を、一般保証(最大2.8億円)とは別枠の保証の対象とする資金繰り支援制度です。

(2) セーフティネット保証4号とは

幅広い業種で影響が生じている地域について、一般枠とは別枠(最大2.8億円)で借入債務の100%を信用保証協会が保証
売上高が前年同月比▲20%以上減少等の場合

(2) セーフティネット保証5号とは

特に重大な影響が生じている業種について、一般枠とは別枠(最大2.8億円、4号と同枠)で借入債務の80%を信用保証協会が保証。
売上高が前年同月比▲5%以上減少等の場合

2、4号の対象地域及び5号の対象業種は?

・SN4号:3月2日に全都道府県を対象に指定しました。
SN5号:3月6日に宿泊業、飲食業など40業種を対象業種
に追加指定し、現在192業種が対象となっています。

3、利用手続の流れ(4号・5号)

①対象となる中小企業者の方は、本店等(個人事業主の方は主たる事業所)所在地の市区町村に認定申請を行います。
②希望の金融機関又は最寄りの信用保証協会に認定書を持参し、保証付き融資を申し込みます(事前相談も可)。
※利用には、別途、金融機関、信用保証協会による審査があります。

 

上記に記載させていただきました内容は新型コロナウイルス関連(資金繰り支援内容一覧)セーフティネット保証4号・5号について経済産業省特設ページの内容から記載させて頂いております。

 

 

法人融資119番では、匿名での質問も受け付けております。

お気軽にご相談ください。

 

関連記事