特集(新型コロナウイルス関連)信用保証協会(制度融資)
公開日:2020/02/22

新型コロナウイルス対応支援資金(札幌市中小企業融資制度)

新型コロナウイルス対応支援資金(札幌市中小企業融資制度)

新型コロナウイルス対応支援資金(札幌市中小企業融資制度)

札幌市では、新型コロナウイルス関連肺炎の流行による影響を受け、厳しい経営環境に置かれている札幌市内の中小企業者等に対し、資金調達の円滑化と返済財源の負担軽減を図るため、「新型コロナウイルス対応支援資金」が創設されています。

1、制度内容

(1)融資対象

新型コロナウイルス関連肺炎の流行により直接または間接の影響を受け、原則として最近1か月間の売上高等が前年同月比10%以上減少しており、かつその後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比10%以上減少することが見込まれる中小企業者等

(2)融資限度額

1億円

(3)資金使途

運転資金
設備資金(市内の設備投資に限る)

(4)融資期間

10年以内(うち据置2年以内)

(5)返済方法

割賦返済
ただし、融資期間1年以内の場合は、一括返済とすることができる。

(6)融資利率

年1.00%以内

(7)信用保証

信用保証協会の保証付とする。

(8)保証人

法人は必要に応じて要、個人は不要

(9)担保

必要により担保が徴求される事があります。

(10)保証料補給

市長は、中小企業者等が信用保証協会に対して支払わなければならない信用保証料の2分の1以内が補給。

(11)取扱期間

令和2年2月10日〜令和3年3月31日

2、申請手続き

融資の申込にあたっては、上記の「融資対象」に該当することについて、札幌市の認定を受けることが必要となりますので、下記の「認定申請受付窓口」に認定申請書を提出し、認定書の交付を受け、融資を希望する金融機関に申し込みください。
認定事務取扱要領
認定申請書
なお、本認定とは別に、金融機関や信用保証協会による融資審査があります。

3、認定申請受付窓口

札幌中小企業支援センター
〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 北海道経済センタービル2階
電話:011-200-5511/FAX:011-200-4477

4、取扱金融機関

札幌市中小企業融資制度の受付機関は以下の金融機関(原則、札幌市内各店舗)です。

①銀行
みずほ銀行、北洋銀行、北海道銀行、北陸銀行、青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、七十七銀行、第四銀行

②信用金庫
北海道信用金庫、室蘭信用金庫、空知信用金庫、苫小牧信用金庫、日高信用金庫、北門信用金庫、北空知信用金庫、旭川信用金庫、稚内信用金庫、留萌信用金庫、北星信用金庫、大地みらい信用金庫、遠軽信用金庫

③信用組合
北央信用組合、札幌中央信用組合、空知商工信用組合、ウリ信用組合

④政府系金融機関
商工組合中央金庫

上記に記載させていただきました内容は新型コロナウイルス対応支援資金(札幌市中小企業融資制度)のホームページに記載されている商品内容の案内から記載させて頂いております。
質問は匿名で大丈夫です!

https://saii.mq/room/diunf0ra23

法人融資119番では、無料相談フォームから各種問い合わせを承っております。

お気軽にご相談ください。

関連記事