信用保証協会付き融資

【信用保証協会付き融資】

信用保証協会が保証料を得て、融資額に対して80%~100%程度の貸倒れリスクを負い、金融機関を通じ事業者に資金を貸し出す融資形態です。

一般的に企業は金融機関を通じて信用保証協会に保証の申し込みを行い、保証協会の承諾を得られると保証書が発行されます。

金融機関は保証書が発行された後、金融機関内での審査を行い融資実行します。

金融機関への返済が滞ったとしても、信用保証協会が貸付先に替わり金融機関への返済を行いますので、金融機関は融資額の0~20%程度のみリスクを負うこととなります。

そのため、金融機関の負うリスクが最小限に抑えられることより、金融機関との最初の融資取引は「信用保証協会付き融資を」というのが一般的です。

お問い合わせはこちらから